敷島印刷株式会社
サイトマップ/お問い合わせ
トップ > 会社の取り組み >  環境保護印刷
環境を守る。そのために、地球で様々な取り組みが行われています。無駄な電気を使わない。こまめに節水する。ゴミの分別。アイドリングストップ。でも、ただそれだけではありません。環境について考える時、それぞれの分野でできる取り組みとは何かを常に意識をして取り組むことが重要になっています。私達にできる環境貢献とは何か?長年当社は、環境保護についてできる様々なことを実践してきました。なかでも「水なし印刷」は環境保護印刷として業界注目の画期的な印刷技術です。この「水なし印刷」を広げることで、さらなる地球環境の保護に取り組み、環境にやさしい企業を目指していきます。
環境保護印刷は「空気」と「水」をテーマにした認証制度です。
製版から印刷工程によって排出される揮発性有機化合物(VOC)の排出を規制すること、水質汚濁防止のために廃液、排水(DRAIN)を出さないことが印刷業界において重要な課題となっています。

弊社は「環境保護印刷推進協議会」(E3PA)が定める最高クラスの認証基準をクリアし「クリオネゴールドプラス」を取得。
(1).刷版工程では現像液の廃液が無い
(2).印刷工程では湿し水ろ過装置を使用して廃液量を削減
(3).使用インキでは高精細印刷等の技術を採用しインキ・湿し水の使用総量を削減す方策を講じる。

地球環境保全と印刷生産性向上・品質向上の両立をはかりることを目的とした環境保護印刷に認証された印刷会社には環境保護印刷マーク(クリオネマーク)が交付され印刷製品等に表示することができます。「クリオネマーク」とは、環境にやさしい生産活動に取り組む印刷業界のシンボル、「環境保護印刷マーク」の愛称です。